恋活するのにオススメなアプリの選び方

マッチングアプリのメリット・デメリット比較

マッチングアプリのメリット・デメリットとは?

マッチングアプリのメリット・デメリットについて解説します。

新しいサービスがぞくぞく登場しているマッチングアプリですが、使うとどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

良い面だけでなく悪い面も知っておくことで、より使い方が明確になるでしょう。

大学生で出会いないならマッチングアプリを利用するべき理由

そもそもマッチングアプリって?

お互いに行為を持った男女が「マッチング」し、メッセージのやり取りによって関係を深めていくことができるアプリです。

婚活向けというよりかは、もう少しライトな友達~恋人を作るくらいのイメージ。

お互いに好意がないとマッチングが成立しないため、無駄なやり取りを省けます。

どんな人がやるべき?

  • 恋人が欲しいけど出会いがない
  • 交友関係を広げたい
  • 特定の属性の女の子と知り合いたい
  • 趣味の友達を作りたい
  • 結婚を意識した恋愛がしたい
  • 気軽に飲みにいける異性がほしい

などさまざまな意図からマッチングアプリを利用する人がいます。

メリット

好きなタイミングで返信できる

実際に会う約束を取り付けるまではメッセージでのやり取りが多くなるため、隙間時間などにメッセージの返信をすることができます。

デートの約束をしてからLINEを訊いているのであれば通話で話すことも考えられますが、実際に会う方が得意という人はそこまでこだわらなくても大丈夫です。

LINE通話が苦手な人がうまく話すコツ

周りにいないタイプの女の子と知り合える

これが一番大きなメリットではないでしょうか。

ふだんの生活の中では出会えない女の子と新たに文脈を築けるのがマッチングアプリの大きなメリットです。話したこともないような属性・職業の女性と話すことができます。

ただし、40代や50代の男性が20代の女の子とワンチャンを狙う…などの使い方は女の子に引かれてしまうので、歳相応の振る舞いが求められるのはリアルもネットも同様です。

若い女の子とワンチャンを狙うなら、出会い系サイトの方が希望が持てます。

セフレの作り方! パパ活女子を狙うテクニック3つ

コストがそれほどかからない

めちゃくちゃ課金しないと出会えない…なんてことがありません。

マッチングアプリは月額制で低コスト(2000円〜5000円)ほどのものが多いため、低コストでメッセージのやり取りができます。

ただし1日の中で少しでも時間が取れないとメッセージの返信が滞ってしまうため、ライバルに先を越されてしまうという危険性もあります。

ある程度プライベートの時間も確保できる男性の方が向いているサービスと言えそうです。

デメリット

ライバルが多い

優良アプリでも男性の利用が多いため、女性の取り合いとなり消耗してしまうことが多いです。

対策としていち早く登録したての女性にアプローチする、プロフィールで高スペをアピールするなどの方法がありますが、やはり競争に基づいたもの。

自然に好みの女性と知り合いたい! という人には、やや疲れてしまう面もあるかもしれません。

遊び目的が多い

アプリの特徴として恋活がメインのサービスは若い人が多いというデメリットも。

若い男性は遊び目的で利用している人が多数のため、「真剣に出会いたい」という女性の受け皿が不足しています。

逆に言えば真剣に出会いたい! という男性にとってはメリットでもあるため、付き合える女性にうまく好意を伝えたいところ。

おすすめアプリについては以下の記事で紹介しています。

どれ使うのが正解? 一番モテやすいマッチングアプリ4選

どこで知り合ったのか言いづらい

家族や友達との会話の中で、どこで恋人と知り合ったのかという話をしづらいというデメリットがあります。

最近はマッチングアプリも一般に広まりイメージがかなり改善されてきていますが、それでも一定数嫌悪感を示す人も存在します。

マッチングアプリのメリット・デメリットまとめ

利用目的によっても使うサービスが異なるのがマッチングアプリの難しいところ。

ぜひ自分にあったサービスを利用して、目的に合った女の子をゲットしてみてくださいね。

マッチングアプリで連絡先(LINE)を聞き出すタイミングと聞き出し方

マッチングアプリで会うまでにしておきたいこと