恋活するのにオススメなアプリの選び方

依存体質の人におすすめのアプリとは? 一人に依存せずに出会いを探す方法

依存体質の人におすすめのアプリ

依存体質な人の特徴というものがあります。

  • 同じ食べ物を頻繁に食べる
  • 気に入った曲は飽きるまでリピート
  • 計算しないで散財する
  • 人ごみが嫌い
  • 崖っぷちにならないとやらない
  • 口癖がダルい眠いめんどくさい
  • 目上の人とのコミュニケーションが苦手
  • 心を許した相手には口が悪い
  • 人見知りが激しい

 

中には誰にでも当てはまるものもありますが、依存体質である私自身、「同じ食べ物を頻繁に食べる」「気に入った曲は飽きるまでリピート」など当てはまるものが多くありました。

今回はそういった依存体質の人が、出会いを見つけて依存を分散させてみては?という記事です。

ねこ先生

依存を克服することは難しいけど、意識の分散で依存を和らげる!

依存体質を自覚する

自分がいつから依存体質だったのか、またそれがどの程度のレベルなのかを自覚する必要があります。

失恋から自身の依存体質に気づき、大きな傷跡が残って初めて自覚した筆者ですが、そのお陰でそれ以降は大きな失恋をしていません。

逆に言えば、一人に大きく依存することがなくなったと言えます。

心のブレーキを覚えることで、一人に依存しすぎず意識を分散させて人間関係が構築できるものだと思います。

アプリで複数人と同時やり取り

大きな失恋を経験してからは、特定の相手を作らず出会いアプリを利用して複数人と浅く広い関係の構築に邁進しています。

アプリを使えば新しい人と次々出会えるので、人と深い関係になれないコミュ障の自分でも常に人とコミュニケーションが取ることができるというメリットもあります。

浅く広く食事や、エッチといった肉体関係のコミュニケーションを持つことで、心に余裕も持てるようになりました。

寂しがりで一人だと気分が落ち込む…という人でも、アプリを使えば常に誰かしら連絡を取ってつながることができます。

そんな何人とやり取りするようなスキルがないよ!という方は別の記事も読んでみてくださいね。

依存体質の人はODするよりも酒を飲め

OD(オーバードーズ)は体に悪いです。

当たり前ですが、必要以上の薬を大量服薬することで肝臓を痛めますし、喉の渇きや手足の痙攣、翌日に残る頭痛など副作用にも苦しみます。

酷い場合には救急車に運ばれて胃の中を洗浄される…という苦しすぎる自体も考えられますよね。

ODするくらいなら、お酒に依存した方が良いでしょう。

出会いアプリを利用すれば、異性とお酒を飲む場も持てますから、一人で宅飲みするよりも楽しい気持ちでお酒が飲めますよ。

ひよこ学生

異性と飲む酒がうまい!

依存体質でODしている人もアプリで飲み友達でも探してお酒を飲んでみてはいかがでしょうか。

意外と、初対面なら自分の内面をぶちまけて引かれてもその場だけの関係で済ませられますし、メンヘラには出会いアプリがおすすめできますね。

依存体質の人は出会いアプリを使おう

寂しい、つらい、ストレスを吐き出したい…そんな依存体質の人は、出会いアプリを使ってみてください。

ドライな言い方をすればその場限りの人間関係を構築できるので、後腐れがありません。

嫌になれば関係を断ち切ればいいだけですし、またすぐ新たな出会いを探せます。

そうすることで複数人に依存のリスクヘッジもすることができるため、誰か一人に深く依存…ということになりにくいでしょう。

もし自分が依存体質で対人依存をどうにかしたいと思っているようなら、ぜひアプリで出会いを探してみてくださいね。

タップル誕生(R-18)詳細

おすすめはタップル誕生で、マッチングしたらチャット形式ですぐ反応が返ってくるため依存体質の人におすすめ。

運営会社もアメブロやAbemaTvでお馴染みのサイバー関連会社なので、安心して利用できますよ。