恋活するのにオススメなアプリの選び方

20代前半男にPairs(ペアーズ)がおすすめできない理由

20代前半男にPairs(ペアーズ)がおすすめできない理由

20代前半のあなたは彼女を見つけるためにペアーズをやっていると思います。

しかし、女性の中にはスペックで相手を判断する「スペック重視」「婚活目線」の人も多く存在するのが難点です。

こういった人は20代後半のよりスペックの高い男性に流れていきますから、残ったおこぼれの中から相手を選ぶ必要があると言えます。

そんな状況の中で20代前半男性にペアーズはおすすめできないな…と思ったので詳しく書いていきます。

スペック勝負になると20代前半は勝てない

身長や見た目など先天的なスペックだけの勝負ならまだましですが、ペアーズには年収や学歴を重視するスペック重視の女性もたくさん存在しています。

「そんなの婚活してる女だけでしょ?」

と思われるかもしれませんが、年収欄が存在するということは比較されるのが当たり前ということ。

女子大生や同年代の女性が相手でも、年上のスペックが高い相手との競争に負けてそっぽを向かれてしまうことがあるでしょう。

ねこ先生

ペアーズのようにユーザー数が多いアプリの場合、スペックの高い相手に人気が集まりすぎてしまって普通スペック以下の人は全然相手にしてもらえない…という状況が生まれてしまう!

スペック勝負で消耗しない恋活をすべき

20代前半のうちは、こうしたスペック勝負の舞台に上がることはおすすめできません。

苛烈な競争で消耗するだけですし、こっちは彼女を作ろうと思っているだけなのにスペックで判断されて中身が見られないのはもったいないからです。

しかし、ペアーズを利用していてはユーザー数が多すぎるためどうしても他人と比べられて人気が一極的に集中してしまいます。

男性でも女性でも同じですが、見た目が綺麗で若い女性に1000いいねがついているところを見たことはありませんか?

その状況の逆もしかりで、男は「年収」「職業」「身長」などのスペックで判断されて女性と同様に人気が一極集中します。

ひよこ学生

なるほど…男女ともにスペックが高い一部の人に人気が集中してる理由はこれだったのか。

どこまでいっても、ペアーズをやっていてはこのスペック勝負から抜け出せないということに筆者は気が付きました。

スペック勝負にならないアプリを使う

それでは、ペアーズで彼女ができない場合にはどうしたらいいのか。

中身重視でスペック重視でないアプリを使うが正解だと思います。

具体的にペアーズよりも後発のアプリでwith(ウィズ)というものがあるのですが、本も出しているメンタリストのDaiGoさんが監修しているアプリだけあって「心理学」の観点から相性が算出されます。

毎月の診断コンテンツで相性の良い相手が選び出されますし、ペアーズのスペック勝負に比べて「中身重視で相手が選べる」という点が最大のメリットと言えます。

会員数は30万人とペアーズの600万人と比較すれば少ないですが、東京など首都圏に住んでいるならユーザー数も少ないということはなく十分使えるアプリとなっていますよ。

with(ウィズ)詳細

ウィズで仲良くなる3ステップ

  1. 価値観から話題を広げる
  2. 恋愛経験を深掘り
  3. デートにつなげる

1.価値観から話題を広げる

ウィズの強みとして「相性診断コンテンツ」や「プロフィール」から相性・価値観が合う相手かどうか確かめられることです。

具体的に、プロフィールページでは以下のように相性が表示されますよ。

相手の「性格タイプ」が知れるので話す時にどんな人か・どんな言い回しがいいのか考えられますし、「好み」や「共通点」から突っ込めるところを見つけて自分と共通した価値観の話ができます。

2.恋愛経験を深掘り

性格診断で相手の内面についてある程度知れるため、先回りした質問がしやすいです。

たとえば恋愛系の質問としては、以下など。

  • 最近彼氏できないって書いてあるけど、引っ込み思案なところあるでしょ?
  • フラれたら結構落ち込むタイプ?それとも引きずらずにすぐ次に進むタイプ?
  • 恋愛するなら絶対アウトドア派でしょ?リュック背負って元気に登山してる姿が頭に浮かぶもん笑

などなど、相手の性格診断をみて、ざっくりでいいので「相手の内面を予想した質問」をすることで

  • この人、私のことわかってくれてる?
  • すごい! この人だったら気があうのかもしれない

と思ってもらえたりします。心は占い師ですね。

3.デートにつなげる

ある程度やり取りして(2週間ほど)、仲良くなったらデートにつなげましょう。

  • デート行くならどこいきたい?暖かくなってきたし散歩行こうか
  • ひょっとして美術館行きたいんじゃない?(性格診断で芸術家タイプが出た場合)

など、相手の性格に合わせてデートプランを変えて提案できます。

こうして仲良くなることができますし、無駄なやり取りを省けるのがウィズのいいところですね。

中身重視で選べば、関係が長続きする

もしペアーズのようなスペック重視のアプリで選ばれたとしても、相性が良いかどうかはわからないため関係が長続きするかは未知数です。

一方で相性重視でやり取りできるウィズ(with)を使えば、長くお付き合いできる生涯の伴侶とも言える人と出会える確率がグッと高くなりますよ。

もしあなたが

  • じっくり相手の中身を知ってからお付き合いしたい
  • 競争が激しくないアプリで理想の相手を見つけたい
  • 見た目よりも中身で相手を選びたい

と思っているなら、ペアーズよりもウィズ(with)がおすすめ。理想の恋人が探せると思います。

with(ウィズ)詳細

一方で地方に住んでいて相手を探したい! という場合には、ユーザー数の多いペアーズを使い続けるのがベストでしょう。

ペアーズでうまく出会えない場合には

ペアーズ向きでない人もいる

「ライバル会員との競争に疲れた」
「もう少しゆっくり相手の内面や価値観が知れるアプリを試したい」

そんな場合にはPancy(パンシー)with(ウィズ)もおすすめ。

以下の記事で詳しく比較しているので、気になった方は見てみてください。

パンシー(Pancy)とペアーズ(Pairs)の比較! どちらが出会えるアプリ?

ペアーズとOmiai、withはどれを使えばいい? 3つのマッチングアプリを比較してみた