恋活するのにオススメなアプリの選び方

つらい失恋を忘れるための3ステップ【もう楽になりたい】

つらい失恋を忘れる方法

つらい失恋を経験した直後というのは、それまでの愛情の重さがすべて反転してのしかかってくるような感情が襲ってきますよね。

  • もう彼(彼女)なしで生きていく自信がない
  • これ以上楽しい思い出を作れる気がしない
  • これからどうやって生きていけばいいのか

失恋直後は常にそんな気持ちになって、つらい日々がしばらく続くことでしょう。一説には失恋の痛みは最長で5年続く、という調査結果もあります。

しかし、あなたの人生の主役はあなた。涙が止まらない日が続くのも、前を向こうとしている証拠です。

失恋は2年引きずる人は1割、3年引きずるのは1%と言われるくらい忘れることで楽になれます。

そこで立ち止まっていてはもったいない! と思ったから、「忘れる」という決心ができたのだと思います。まずはその英断をした自分を褒めてあげてください。

以下から、つらい失恋を忘れる3ステップをご紹介します。

1.ストレスを吐き出す

つらい、消えたい、死にたい…絶望に落とされるような失恋を経験したあなたはそのように感じているはず。

それまで大切にしていた人を失った衝撃から、多大なるストレスを抱えてしまうことはしょうがないことです。

そこで、まずは意識的にストレスを吐き出すようにしてみてください。

  • 友達に愚痴りまくる
  • ノートに書きまくる
  • 中世の残酷な処刑方法についての書物を読み漁る
  • バッドエンドの映画を見まくる

などなど、自分に合った方法を試してみてくださいね。

もしそんな気軽に吐き出せる友達がいないよ! という場合には、電話で深刻な失恋の相談もできるウラナを活用してみてください。

電話占いのULana(ウラナ)

2.前向きになる(過去にこだわらない)

失恋でつらくなっている時期は、視野も狭まっているもの。

人間は左脳で考え右脳で感じる生き物ですが、過去にこだわっている時は左脳が優位となっている状態です。

いつまでも左脳が優位だと過去思考となり、マイナスのことばかりうじうじと考え続けてしまうことになります。

元カレ(元カノ)を引きずるのもこの心理です。

右脳優位にするためには、五感など感じる機会を少しずつ増やしていくことです。

泣けると話題の映画を見まくるのも一つの手でしょう。

そうやって感情を震わせることで、右脳が活性化し、幸福物質のエンドルフィンが多く分泌されるようになります。

また右脳を活性化させることで「今」を感じることができるようになり、過去よりも今を生きることにつながることになります。

いつまでも過去に引きずられていませんか?

亀のように動きを止めず、ウサギのようにまずは活動してみることで右脳を少しずつ鍛えてみてくださいね。

3.新しい出会いを探す

人を傷つけるのは人ですが、人の傷を癒せるのもまた人です。

癒しを求めるなら、ある程度落ち着いた段階で次の恋を探してみることで新しい刺激が生まれるかもしれません。

もちろん傷が開いてしまう可能性もあるのであまりすぐに行動しろとは言えませんが、「誰かに頼りたい」と弱っている人に手を差し伸べてくれる人もいるはず。

もし身近で出会いがないならば、恋活アプリを使ってみる方法もあります。

「これ以上傷つきたくない」と思うかもしれませんが、趣味や相性から相手を探せるアプリもあるので幸せを勝ち取ってみてください。

詳しくは以下の記事も参考に。

幸せは自分で掴み取るもの

いつまでも過去に囚われず、今を生きるために使える失恋を忘れる3ステップについて解説してきました。

「転んだ人を笑ってはいけない。彼は歩こうとしたんだ」

という名言があります。

そもそも一歩も踏み出していない人は失恋のつらさなんてわかりません。それでもあなたは一歩を踏み出して、痛みを知った。

痛みを知った人は痛みを知らない人よりも尊いと思います。

自分のことを褒めてあげつつ、次の一歩を踏み出せるといいですね。