恋活するのにオススメなアプリの選び方

ファーストメールの書き方の原則5つ! アプリでの初メッセージは何を書くべき?

マッチングアプリで最初のメール(ファーストメール)に何を書けばいいのか分からない…そんな方も多いはず。

「メッセージを送ったけど返信が来ない…」
「いつも出だしでつまずく」

という方向けに、今回はファーストメールの書き方をご紹介します。

ファーストメッセージの原則

  1. 感謝を伝える
  2. 相手のプロフィールからワードを拾う
  3. 共感を狙う
  4. 褒めるが、必要以上にへりくだらない
  5. 鋭い質問を投げる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.感謝を伝える

まずはマッチングorメッセージがあったことに対してお礼を述べます。

 
例)

マッチングありがとうございます!

返信ありがとうございますm(__)m

 

いきなり文章を書き始めるのではなく、この一文があるだけでも印象が変わってくるでしょう。

女の子に「丁寧な人だな」と思ってもらえることで、マナーや誠実さをアピールすることができます。

また、実際に感謝にはポジティブな情動を刺激する作用があるため、本当に感謝の心を持つことでテンションを向上させ、普段よりも活動的な印象を与えられるメッセージが書けるかも。ノリって結構大事ですよね。

2.相手のプロフィールからワードを拾う

最初のメッセージでは手がかりは相手のプロフィールのみ。

ここで次の共感の原則につながるキーワードを拾い出し、話題を展開します。

「何が好きなのか」
「どういったことに喜びを感じるのか」

直接書いてあることだけでなく、その人のプロフィールの書き方からも情報は拾えます。

性格がいい子だったら最後に「最後まで読んでいただきありがとうございます」と書いていますし、軽い感じで始めた子はそもそもプロフィールが1,2行と短い場合が多いでしょう。

前者のタイプの子には丁寧な自己紹介をしてもいいでしょうし、後者には軽い感じで「今なにしてたー?」と送っても良いです。

アプローチの方法を人によって変えることで、返信がもらいやすくなるでしょう。

3.共感を狙う

人は相手との共通点が多いほど好感を持ちやすい習性があります。

言い換えれば、お互いにどれだけ共通の文脈があるか探り出すということです。

共通点を多く探り、そこからエピソードを交えつつ共感を狙いましょう。

同年代だったら共通の時代を過ごしていますから、「あの頃はああだったよね〜!」と盛り上がりやすいでしょう。

逆にジェネレーションギャップがある場合には、「なんでそう思うの!?」と突っ込みつつ、相手が喋ってくれるように促します。

そういった差異は笑いに変えやすいですし、笑いも共感の一種と考えると幅広いアプローチが狙えますね。

また、相手を何かに喩えることで共感を狙う作戦もあります。

例)
プロフィールに「人見知りだけど打ち解けるとよく話す」と書いてある女の子の場合…

○○ちゃんって犬猫で言ったら絶対犬タイプだよね?
めっちゃ尻尾振り回してる姿が頭に浮かぶわ笑

4.褒めるが、必要以上にへりくだらない

褒められて嫌な気分になる人はいません。

やりすぎて嫌味にならない程度に、ガンガン褒めていきましょう。

おだてることで警戒心が薄らいでいきますし、頃合いを見てLINEに誘導していきたいですね。

関連:
マッチングアプリで連絡先(LINE)を聞き出すベストなタイミング! 絶対に当日中がいい理由とは?

また、女の子を褒めるのはいいですが「自分を下の立場に置くこと」は絶対してはいけません。

「先輩」が女の子にモテるのは、媚びるのではなくスポーツを教えたり、自然と上から接することができるからです。

先ほどの「女の子を何かに喩える」テクニックを使いこなすことで

この人は私より立場が上なんだな

と思ってもらいやすくなります。

女の子に対しては媚びたりへりくだるよりも対等の立場で、打ち解けてきたら徐々にいじったりしてポジションを確立していきましょう。

5.鋭い質問を投げる

良い質問が、話の展開を作っていきます。

また人間は、「自分に関心を持ってもらっているな」と思ってもらうことで気持ちよく話せる生き物です。

ファーストメールが共感だけで終わってしまっては、相手が返信しづらい雰囲気を作ってしまうかもしれません。

連想ゲームのイメージで、話を展開させていきましょう。

例)
女の子が「看護師」の場合…

遊ぶなら平日とかの方がいいですかね?
むしろ夜勤慣れしてるなら夜中?笑

 
女の子が「嘘をつかない人」を探してる場合…

前の恋愛のこととか訊いていいー?
別れ際とか、結構泣いたでしょ?笑

ファーストメッセージは相手に最適化した内容を、ポイントを絞って伝えよう

ファーストメッセージは相手に自分を認識してもらう最初のメッセージです。

この内容によっては返信がスルーされてしまうので、返信率に大きく影響するものだと言えるでしょう。

相手の人物像を想像し、適切な温度感の内容とともに共感ワードを盛り込み、最後に鋭い質問で締めましょう。
 

  1. どんな子なのかな…?と人物像を想像する
  2. 相手の温度感によって誠実な感じでいくのか、短文でサクサクいくのかスタイルを決める
  3. 共感ワードを盛り込むor相手を何かに喩えて笑いを誘う
  4. 鋭い質問を投げかける

もしあなたが初めてのマッチングアプリ選びに迷っているならば、「相性で選べるおすすめアプリ」も参考にしてみてくださいね。