恋活するのにオススメなアプリの選び方

子連れで再婚は難しい? シングルマザーが最速で再婚するコツ

子連れで再婚する方法

「バツイチ子連れだけど再婚したい」
「もう後悔したくないから、次は安心できる男性と出会いたい」

子連れでの再婚は実際難しいという声も聞きますが、なるべく早く再婚するためのコツをまとめてみました。

うさ子ちゃん

子連れでの再婚はどうしたら良い? という疑問にお答えしていきますね

シングルマザーが最速で再婚する方法(コツ)

1.再婚に特化したアプリを利用する

マリッシュ(marrish)は再婚に特化したアプリです。※R18

再婚特化アプリということは、再婚に理解がある男性が多く集まるということ。

ただでさえ難しい子連れでの再婚では、利用が必須のアプリとなりますよ。

とはいえ、「実際にマリッシュで出会えるの?」と気になるところですよね。実際にマリッシュを利用したユーザーの口コミとしては、

  • 再婚で利用しているユーザーが多い
  • 遊び目的で利用している人が少ない
  • 幅広い年齢層の男性が登録している

といった評判が見受けられました。

子連れでも理解がある男性が多数存在するマリッシュは、子連れ再婚したいシングルマザーにとっては必要不可欠なアプリだと言えるでしょう。

マリッシュ(marrish)【R-18】詳細

Facebook連携アプリであるため、登録するためにはFacebookのアカウントが必須となります。

2.バツイチ男性も視野に入れる

一度は結婚したという経歴があるため、バツイチ男性は再婚相手に適している場合が多いです。

すべての男性がそうだとは言えませんが、コミュニケーション能力、生活能力があると言えるでしょう。

バツイチ男性と再婚するメリット

■女性をありのままで見られる
女性を過度に美化することなく、日常の生活を送るパートナーとして見てくれます。

「理想と違った」「イメージしてたのと違う」と思われることが少ないため、結婚してからもパートナーとしてその役割をはたしてくれるメリットがあるでしょう。

■再婚に対して前向き
自身も一度離婚した経歴があるため、バツイチ男性はバツイチ女性に対しておおらかです。

ある意味で似たもの同士と言えることから、感性が似ていて付き合いやすい場合も考えられますよね。

一度結婚を経験したことから、女性との付き合い方に余裕があるという点もメリットでしょう。

■子供の扱いに慣れている
お子さんがいるバツイチ男性の場合には、育児も経験しているかもしれません。

あなたの子供が小さい場合には、世話を任せることも視野に入れることができますよ。

バツイチ男性と再婚するデメリット

■離婚理由によってはNG
元妻との離婚理由によっては、お付き合いに適した男性でない場合もあります。

離婚理由は聞きづらく誤魔化されやすいことですし、離婚原因が解消されていなければあなたとの再婚でも同じことを繰り返す危険性があるかもしれません。

■慰謝料や養育費を支払っている可能性がある
元妻がいる場合には、慰謝料や養育費を毎月送金している場合もありえます。

そうなってはあなたとの結婚生活に使えるお金が限られてしまうため、きちんとお付き合いする前には確認しておく必要があるでしょう。

いつまでも払い続けるということもないですし、「頑張って一緒に完済する」といった意識を持てる男性とはお付き合いを考えてみても良いですね。

■元妻との「子供」の関係がある
元妻に子供がいる場合には、たびたび男性と子供が会うことがあるかもしれません。

子供が幼い場合には、元妻の同席もあるでしょう。

再婚する場合には複雑な関係となってしまいますが、受け入れられるか一度立ち止まって考えてみる必要がありそうです。

4.40代以降の男性も視野に入れる

「自分が30代だからなるべく同年代がいい」と思われるかもしれません。

しかし経済的な余裕がありしっかりと将来を考えられる40代男性も視野に入れることで、あなたが結婚できる可能性は高まります。

うさ子ちゃん

同年代の30代だと初婚の男性も多く、選択肢として子持ちの女性は入りづらいため。

そこで再婚のターゲットとなる男性は

  • 40代以降で初婚の男性
  • 30代でバツイチの男性

といった選択肢が考えられますよ。

子供が成人してから再婚する

場合によっては、子供の成長を待ったほうが良い場合もあります。

再婚相手とうまくやっていけるのは、まだ子供が小さいうち。子供がある程度大きくなってしまっては、新しいお父さんとの関係がギクシャクしてしまうことも考えられますよね。

そこで子供が成長してから再婚相手を探すという長期スパンでの再婚も視野に入れておく必要があります。

子供のほうから「結婚したら?」と言われるようなら考えても良いですが、自分勝手な再婚で子供が不幸になることは考えておきたいところ。

本当に今すぐ結婚する必要が本当にあるのか金銭的な面から考慮し、親と同居できる場合には再婚を後回しにするといった子供に対する配慮もできるでしょう。

子連れ再婚で気をつけるべきこと

子連れ再婚で後悔することがないよう、デメリットについても把握しておく必要があります。

1.子供が不幸にしない

ある程度子供が育っている場合には、新しい父親を受け入れられない場合も考えなければいけません。

もし女の子なら、「父親として見ることができない」「性的な目で見られる」といったリスクもあります。

またDVやネグレクトなど、再婚によって生じるリスクも考えておきましょう。

2.前の夫と比較しない

実際に口に出して言うことはないと思いますが、ついつい前の夫と比較しがちなことってありますよね。

過剰に相手に対して期待せず、比較しないことで幸せな再婚生活が送れますよ。

3.子供を養子縁組するか

子連れ再婚の場合には、子供の養子縁組問題が挙げられます。

再婚相手の男性は実の父親ではないので、養子縁組しないとただの同居人となってしまうところに気をつけましょう。

養子縁組しない場合、保護者同意書やなんらかの契約書が無効となってしまうデメリットが存在します。

再婚は子供優先でしよう

多くは金銭的な面で不安があるから再婚というケースが多いと思われますが、再婚相手は子供との相性を見てから決断してください。

子供の大学進学が気になる場合には、再婚したほうが良いこともあるでしょう。

子供を不幸にする再婚がないよう、様子を見ながら最適な決断をしていきたいですね。