恋活するのにオススメなアプリの選び方

ペアーズとomiai、withはどれを使えばいい? 3つのマッチングアプリを比較してみた

ペアーズ、Omiai、with比較

ペアーズとOmiai、withはFacebook連携型のマッチングアプリです。

目的が違っていたら使うアプリは変えたほうがいいですが、それぞれどんな人が使ったらいいでしょうか?

結論からいうと

    ペアーズ

  • 25歳〜34歳の年齢
  • 恋活から始めたい人
  • 見た目が悪くない人

Pairs(ペアーズ)詳細

    Omiai

  • 30代の婚活志望
  • 婚活も視野に入れて出会いたい人
  • 見た目より中身で選びたい人

Omiai詳細

    with

  • 〜20代中盤くらいで恋活がしたい
  • 自分で話すのは苦手だけど、相性がいい人をおすすめしてもらいたい
  • 上のどれでも出会えなかった人

with(ウィズ)詳細

といった人におすすめ。

「なるべくたくさんの人と出会いたい!」という人はすべて使ってみて、自分に合ったものをメインに使っていくといいでしょう。

ねこ先生

操作性などもありますから、まずは自分が気に入ったものを見つけるのも手ですよ。

それでは実際に以下から、詳しくみていきましょう。

ペアーズとOmiaiの使い分けは? 併用できる?

一番気になっている方が多いかもしれませんが、併用はできます。

しかし、ペアーズとOmiaiでは微妙に層が違うため目的に合わせて使い分ける方法がおすすめ。

具体的に言うと、

  • ペアーズ:見た目がよくスペックが高い人がモテやすい
  • Omiai:見た目よりも内面重視

といった傾向。

あなたが女性の場合には、ペアーズで恋活をすればイケメンでスペックが高い彼氏が作れるかもしれません(顔がいいので遊ばれるリスクもあります)。

男性で顔やスペックに自信があるなら、ペアーズを使えばモテます。ペアーズはいいねをたくさん集める人がさらにモテる傾向にあるので、たくさんの女の子と話せるメリットがあるでしょう。

一方で、「自分は顔よりも中身重視かな…」「一人とじっくりやり取りしたいかな」という人はOmiai向け。Omiaiは人気会員にメッセージを送ろうとするとポイントが余計かかる(会員によって消費するポイントが違う)偏差性を取り入れているため、人気会員に集中することがありません。

悪く言えばあなたの身の丈にあった人にしか出会えませんが、堅実な出会いで結婚も視野に…という人におすすめです。属性的にも、ペアーズよりも真面目で男女とも熱意があるユーザーが多い印象です。

さっそく使ってみたい方はこちら▼

Pairs(ペアーズ)詳細

Omiai詳細

with(ウィズ)は見た目も中身もいいとこ取り:

一方でウィズは、見た目もかっこいい・かわいい人多め。華やかなイメージがあるマッチングアプリです。

中身は相性診断コンテンツから価値観が近い人を選べますし、女子が選びやすい要素もあります。

「ではどういう人が使うべき?」というと、20歳〜25歳くらいの若い男女が比較的多いためこの年齢層だとストライクゾーンと言えるでしょう。

逆にアラサー近くなってしまうと選べる相手が少なくなってしまうかもしれません。

with(ウィズ)詳細

自分に自信がないならOmiai:

自分に自信がないけどアプリを始めてみたい…というあなたにはOmiaiがおすすめかもしれません。

ペアーズはキラキラしすぎているし、ウィズは年齢的にちょっと難しいならOmiaiが一番いいのではないかと思います。

機能的にはシンプルでイベントも少ないOmiaiですが、真剣度なら3つの中でダントツです。

しかも冷やかしがいないのでいいねが返ってきやすい。

もし真面目な出会いで将来につなげたいと思っているなら、Omiai一択でしょう。

Omiai詳細

恋活メインならPairs(ペアーズ)

ペアーズは登録者600万人以上の人気マッチングアプリ。女性無料・男性3,480円/月〜とリーズナブルな値段から始められる恋活・婚活アプリです。

もしあなたが「見た目も悪くないしスペックにも自信がある」「地方で出会いないけど出会いを見つけたい」「恋活から始めたい」「25歳〜34歳」という条件に当てはまっているようなら、使うべきです。

見た目も悪くないしスペックにも自信がある

ペアーズはいいねがたくさん押せるシステム(人気会員にいいねしても同じ1いいね)のため、スペック勝負になりがちです。

    いいね消費システムの違い

  • ペアーズ:誰にいいねしても1いいね1消費
  • Omiai:男性が女性に1いいねすると1,2,3,5,10いいねと消費数が異なる


Omiaiのようにいいねが偏らない対策が取られていないため、ペアーズでは人気会員がいいねを集めまくるシステムだといえます。

ねこ先生

会員数が多い中、人気会員にいいねが集まって一人勝ち。他の人は余りもの同士でホソボソとやってくしかないといった状況でしょう。

そこでライバルを抑えてペアーズでうまく出会える人は

  • 容姿端麗
  • ハイスペック

どちらかの要素を兼ね備えている必要があります。

男女別に攻略法も書いているので、どうしてもペアーズで出会いたい! という人は以下の記事も参考にどうぞ。

ねこ先生

男性が女性用の記事を読んで、異性目線で考えてみるのもありですね

地方で出会いないけど出会いを見つけたい

地方ではそもそもマッチングアプリを利用している絶対数が少ないですよね。

しかしペアーズは会員数が以下のように飛び抜けて多いので、地方でも安心して出会えるといった特徴がありますよ。

    アクティブ会員数の違い(2018年3月現在)

  • ペアーズ:270万人
  • Omiai:164万人
  • with:(推定)20〜30万人

このようにペアーズが他を圧倒してアクティブ会員数が多いので、地方で出会いたいならペアーズかOmiaiを利用するのがいいですね。

恋活から始めたい

ペアーズは気軽に恋活できるアプリとして有名です。

システム的な違いとしてはあまりありませんが、年齢層的にみて「恋活メイン」なアプリであるといえるでしょう。

婚活したいんじゃ! という人はOmiaiを使ったほうが無難です。

Pairs(ペアーズ)詳細

25歳〜34歳

ペアーズで出会いづらい年齢層として

  • 大学生(男)
  • 35歳以上の男女

といったものがあります。

大学生(男)⇒社会人男性と比較されるため、スペックで劣る大学生はなかなか相手にしてもらえない。もし大学生でマッチングアプリを使いたいなら、withが年齢層が低めでしっかり出会えるためおすすめ。

35歳以上の男女⇒ペアーズのメイン年齢層より上となってしまうため、マッチングしづらい状況となります。Omiaiのほうが年齢層が高いので、35歳以上ならばOmiaiを使ってみましょう。

婚活メインならOmiai(おみあい)

Omiaiを使うべき人は「年齢層が高めで婚活アプリとしても使える」「見た目よりも中身重視で相手を選びたい」といった人です。

といってもメイン層はペアーズと同じく「男女ともに25歳〜29歳」なので、本格的な婚活というよりもライトな婚活向けといえるでしょう。

Omiaiは婚活アプリとしても使える

以前は30代女性が有料でしたが、2018年から女性は完全無料となったため、Omiaiで婚活する人が今後増えてくると予想されます。

男性の利用料金は3,980円/月〜とペアーズよりも若干高めですが、それだけ真剣な男性が登録する傾向があるため真剣に婚活したい女性にはペアーズよりもおすすめできるでしょう。

  • 30歳〜34歳の会員も多く婚活もできる
  • 人気会員にいいねが集まりすぎないため、気に入った相手とじっくりやり取りできる

「ペアーズでなかなかマッチングしなくてうまく出会えなかった」「一人とじっくりやり取りしたい」というあなたはOmiaiも使ってみるのがおすすめ。

Omiai詳細

理想の相手を見つけたいならwith(ウィズ)

ウィズはメンタリストのDaigoさんが監修するマッチングアプリ。女性無料・男性は3,400円/月〜利用できます。比較的若い層が多く、25歳前後がボリュームゾーンと捉えていいでしょう。

  • 相性診断コンテンツが豊富
  • 相性検索から相手が探せる

といったメリットから、withを利用する女性も増えています。また独断と偏見ですが、withを利用する男女は比較的おしゃれな美男美女が多い印象です。

「キラキラした恋がしたい」「王子様候補を見つけたい」という女子にはおすすめできるでしょう。逆に男子目線でみると、可愛い女の子が入れ食いですよ。

with(ウィズ)詳細

ねこ先生

もちろん男性にとっても、withを使えば価値観の合う相手とマッチングしやすい点からおすすめできますよ。月額料金については、21歳以下なら1週間プランで1,300円というものが用意されているように若い層が優遇されていますね
  • 男性からメッセージがもらいやすい(アシスト機能)
  • 価値観が合う相手とマッチングしやすい
  • 男性会員がマジメな会員が多い

といった特徴から、上記の2つのアプリで出会えなかった人向けのアプリといえそうです。

年齢層的にも若い順にwith(ウィズ)→Pairs(ペアーズ)→Omiai(おみあい)なので20代中心の出会いがほしい! といった人におすすめ。