恋活するのにオススメなアプリの選び方

【男性編】with(ウィズ)でマッチング率を2倍に増やすプロフィールの書き方

マッチング率を2倍に増やすプロフィールの書き方

with(ウィズ)で有料会員になって、たくさん「いいね!」したり、イベントにもマメに参加してるのに、なかなか「ありがとう!」が返ってこない…なんてことはありませんか?

そんな悩みをお持ちなら、きっとプロフィールに改善の余地があり、女性に響いていないのかもしれません。

このページでは、with(ウィズ)で「ありがとう!」をもらいやすいプロフィールの書き方を徹底解説します。

with(ウィズ)でマッチング率を上げるなら、写真を改善せよ!

メイン写真は手を抜かない

男性のあなたが女性のプロフィールを見る時、最初に目に入るものは何ですか?

そう、メイン写真ですね。

写真は最大で10枚登録できますが、そのうち最初に目にする1枚に、とことんこだわることが必要です。

いくら他の写真が良くても、1枚目がダメなら他の写真や詳しいプロフィールを見てもらえません。その写真は「予選」なのです。

with(ウィズ)では、プロフィールに掲載できる自己紹介文がわずか400文字しかありません。そのため、なおさら写真には力を入れる必要があります。

ダメなメイン写真の例

ダメなメイン写真の例をまず挙げてみます。ご自身の写真に当てはまっていないか、考えてみてください。

  • 自撮り写真
  • ピンぼけ写真
  • 間に合わせで用意したと分かるような写真
  • 女性と写っている写真
  • 表情が堅い写真
  • 顔がよく見えない写真

基本的に自撮り写真はダメです。そんな写真を使っているようでは「仕事ができない男」という印象を与えます。そのため、できるだけ他人に撮ってもらいましょう。

予算があるならサブ写真に使うものも含め、プロに撮ってもらうのも良いです。今は「ココナラ」で安く撮ってもらうこともできます。間違っても、証明写真はやめましょう。

特に、狙っている年齢層の女性と一緒に写っている写真はやめた方がいいですね。その人が既婚者だったり、会社の同僚でしかないという場合でもダメです。他の女性の影を感じさせるのはマイナスです。

先ほども言いましたが、この写真は重要な「第一次予選」なので、自己紹介文のところで弁解してもムダなのです。

良いメイン写真の特徴

ウィズ(with)に限りませんが、印象の良い男性の写真には次のような特徴があります。

  • 表情は笑顔
  • 服装はスーツよりもカジュアル
  • 清潔感がある
  • 無難な背景

ウィズ(with)のメイン写真は小さいので、このあたりをクリアしておけば良いでしょう。

服装については、仕事ができるとアピールしたいならスーツでも良いですが、恋活アプリであるwith(ウィズ)ではちょっと堅いですね。「ありがとう!」が返ってくる年齢層が高くなるかもしれません。

サブ写真はどうする?

with(ウィズ)ではメインの写真以外に、サブ写真として9枚の写真を掲載できます。ここがセンスの見せ所です。

すべてに自分が写っている必要はありません。逆に、自分の姿が写っている写真ばかりだと、自分大好きなナルシストと思われかねませんので、3枚くらいで良いかと思います。できれば全身写真を1枚以上は入れておくと良いです。

サブ写真では、写真のウデは必要ありません。それより、あなた自身がどんな人か分かる写真が良いでしょう。

ウィズ(with)では自由に書ける自己紹介文が400字しかありませんので、サブ写真は手を抜けません。例えば次のような写真を掲載しましょう。

  • 趣味が分かる写真(楽器を弾いている写真など)
  • ペットの写真
  • 自分で作った料理の写真
  • 子供の頃の写真
  • 旅行先で撮った写真

子供の頃の写真は意外な印象があるかもしれませんが、女性ウケは良いです。

色々工夫の余地がありますので試してみてください。何を撮るかで、結果は必ず変わってきます。

なお、あまり「リア充」な写真を載せるのは控えた方が良いです。盛っているように見えますし、出会いがあるのになぜアプリ?浮気相手探しなの?と思われかねません。

with(ウィズ)でマッチング率を上げるプロフィールの書き方(写真以外)

ダメなプロフィールの特徴

「ありがとう!」が返ってこないダメな男性のプロフィールの特徴には、次のようなものがあります。

  • 基本プロフィールや詳細プロフィールで、未選択がある
  • 文字数が少ない
  • 自己紹介文で顔文字を多用している
  • あなたの人物像が見えない、個性がない

基本プロフィールや詳細プロフィールは、すべて選んであるのが普通です。未選択の項目があると、それだけでいい加減な人に見えてしまいかねません。

自己紹介文は、文字数が少なすぎると頭が悪そうに見えますので、きちんと埋めておいた方が良いです。

良いプロフィールの書き方

基本プロフィールや詳細プロフィールについては「会ってみたら違った」と思われないものを選んでおけば良いです。

特に、詳細プロフィールにある「結婚歴」「子供の有無」についてはちゃんと入力しておきましょう。なぜかと言うと、結婚歴があったり子供がいる相手はその時点でダメ、という人が多いからです。

ここを未記入のままにしておくと勘ぐられてしまい、慎重な女性からは「ありがとう!」を返してもらえない可能性があります。

自由に文章が書ける自己紹介文ですが、400字しかないので長々と書けません。次のような項目を箇条書きで整理して書いて簡潔に伝え、一番アピールしたいことを文章で書くと良いです。

  • 趣味
  • よく行くところ
  • 休日の過ごし方
  • 結婚観
  • アウトドア派なのか、インドア派なのか

結婚観のようなものは写真では表現しづらいので、文章で軽く触れておくのが良いです。ただウィズ(with)は恋活アプリなので、あまりガチなことを書くと敬遠されかねません。「結婚につながるような出会いがしたいです」程度の軽い書き方が良いです。

ウィズ向きじゃない人の特徴

もしあなたが「マッチングアプリのウィズで出会えない」と思っているなら、他のアプリを試してみる方法もおすすめ。

ウィズは価値観からマッチングしますが、見た目重視やスペック重視で出会うならペアーズやOmiaiを使いましょう。自分に合ったアプリを使うことで、マッチング数を増やせますよ。

詳しくは「ペアーズとOmiai、withはどれを使えばいい? 3つのマッチングアプリを比較してみた」のページで解説しています。

with(ウィズ)のプロフィールはとにかくこだわれ!

プロフィールを改良するためには、他人のプロフィールを見まくって、良いと思う所を取り入れていくのが王道です。

直感でいいと感じるプロフィールを見つけた時、なぜそう感じたのか考える習慣をつけましょう。そして、自分のプロフィールとの違いを見つけることです。

プロフィールは1回書いたら終わりではありません。なかなか女性から「ありがとう!」が返ってこなくて悩んでいるのなら、毎日でも手を入れるくらいのこだわりが必要です。

小さな改善の積み重ねが結果をもたらすのは、仕事でも出会いでも同じですよ。ぜひプロフィールにこだわって素敵な出会いを探してみてくださいね。