恋活するのにオススメなアプリの選び方

ツイッターでママ活するのって危険? 安全なママ活アプリはある?

Twitterでママ活をあまりおすすめできない理由は、ツイートの履歴から身バレしてしまう危険性が高いことにあります。

ツイッターでママ活するのが危険な理由

特に、専用のアカウントを利用せず、日常的に使用しているツイッターのアカウントを使ってママ活をすると、友達やフォロワーさんたちにママ活をしていることが直ぐにバレてしまうのです。

もし、Twitterで募集をするのであれば、専用のアカウントを解説したほうが安心です。さらに、Twitterを利用して若い男の子を募集している年上の女性は多くいるため、競争率は必然的に高くなってしまいます。

このご時世、SNSで募集をかければ年上の女性が断然有利なので、コミュ力が高くなければ競争に負けてしまうこともあります。

ツイッターでママ活すると身バレする

Twitterでママ活をすると身バレする危険性が高まります。リアルの友達がフォロワーにいる場合には、ママ活をしていることが知られてしまうと噂になったり変な目で見られたりする場合があります。また、恋人にママ活をTwitterでしていることが知られてしまうと、トラブルに発展する場合も多いので、Twitterで堂々と募集をするのはあまりおすすめできないのです。

もし、どうしてもTwitterでママ活をしたいのであれば、ママ活専用のアカウントを作ることです。そうすれば、SNSで年下の男の子を探している年上の女性も気兼ねなく家計を築くことができ、双方のニーズや欲求を満たすことができるので、身バレ対策は相手への配慮にもなります。

ツイッターでママ活できないならどうする?

Twitter以外でママ活をしたいのであれば、バーなどがおすすめです。これはコミュ力がかなり試されますが、1人でバーに通い、年上の女性と親しくなるまでに関係を築くことができれば、ママに発展するケースは少なくないといいます。特に狙い目は一人でバーに来ていてバーテンダーと話をしていたり、手持ち無沙汰な年上の女性がいたら思い切って話しかけてみると意外とうまくいくのです。

ままになってくれそうな女性を見つけたら、その人が来店しそうな時間を見計らってバーに通い詰めることで顔なじみになります。その後、デートに誘ったり誘われたりしているうちに、いつしかママなってくれる女性が現れるかも知れません。ただしこれはかなりコミュ力が求められます。

マッチングアプリなら安全にママ活できる

ママになりたい女性とままになってほしい女性を探す男の子たちを簡単に結びつけるツールが、マッチングアプリです。最近ではママ活専用のマッチングアプリが登場して利用者が増え続けていることからわかるように、世の中のママ活に対する欲求は男女ともにあることがわかります。

▼ママ活アプリのAsobo

  • サービス開始:2001年
  • 会員数:400万人
  • 料金:メール1通につき課金制

出会いのASOBO-アソボ-

出会いのASOBO-アソボ-

Yournetposted withアプリーチ

※R18

マッチングアプリでは、年上の女性と男性をマッチングしてくれるサービスですが他の男女が出会うためのアプリとは少し異なります。

比較的自由にメッセージを送ったり、会話を楽しんだりすることができるサービスなので、取っ掛かりが作りやすいです。住んでいるところで検索することができるので、お互いのニーズを満たし合うことができるとあって、今ではママ活に欠かせない手段となっているのです。

ママ活で稼げる金額はこれくらい

ママ活では、どれくらい稼ぎたいかにもよりますが、月数万円から100万円と幅があります。月々数万円ならアルバイト感覚でデートや食事、ショッピングに出かければお小遣い程度のお金を稼ぐことができるといいます。もちろん、体の関係が一切ないので安心してママ活を楽しむことができます。

月数十万円から100万円以上となると内容は様々です。身体の関係がある場合も少なくありませんが、あくまでも若い男の子を応援したり援助をすることに楽しみを見出すママもいます。

ママ活をしている女性というのは経営者や社会的地位のある人が多いので、マンションや済むところを与えてもらえることもよくあります。自分がどれくらい稼ぎたかを目安にママ活をすると良いでしょう。