恋活するのにオススメなアプリの選び方

ツイッターでママ活すると業者が来るってマジ?

ツイッターのメリットは、誰でも気軽に無料でアカウントを作り、活動できるという点にあります。

しかしこうしたメリットによって、業者が入り込みやすくなっているのも事実です。

ツイッターママ活で業者が存在する理由

コストを全くかけずに営業を行うことができるため、ママ活を装う業者にとって、非常に利用しやすいサービスだといえます。ユーザー数が多く情報が拡散されやすい、という点も業者に狙われる理由の一つでしょう。

悪質な業者はママ活募集などのコメントをツイートし、反応があればダイレクトメッセージでやり取りをする、といった巧妙な方法で営業を行なっています。募集ツイートに反応した相手を、高額な費用がかかる有料サイトなどに誘導して、利益を得ているのです。

ママ活するなら安全なアプリを利用するようにしましょう。

▼ママ活アプリのAsobo

  • サービス開始:2001年
  • 会員数:400万人
  • 料金:メール1通につき課金制

出会いのASOBO-アソボ-

出会いのASOBO-アソボ-

Yournetposted withアプリーチ

※R18

ツイッターでママ活は危険だからやらないほうがいい

業者にさえ気をつけていれば、ツイッターでママ活をしても問題ない、そう考えている方もいるでしょう。しかしツイッター上で注意しなければならない相手は、業者だけではありません。ツイッターは誰でも閲覧することが可能なSNSですから、ツイートに対する返信なども、他の人からチェックされている可能性があります。

ツイートの内容によっては、サイバーパトロールに通報される危険性があるのです。ママ活をしようとしていた高校生が、実際に補導されたというケースも存在しています。どこからでも閲覧可能なSNSでは、いつどんな人が自分のツイートや返信を見ているかわかりません。リスクを考えれば、ツイッター上でママ活をするのは避けたほうが良いといえるでしょう。

じゃあどこでママ活ができるか

ツイッターなどのSNSはママ活に向いていない、ということになればどこか他の場を探さなくてはなりません。ママ活をするのに適した場とは、どういったものでしょうか。

まず最初に考えておきたいのが、業者が入り込みやすいかどうか、という点です。せっかくママ活をしようとしても、相手が業者ばかりでは、全く結果を出すことは出来ないでしょう。業者がいないことを第一に考え、場所選びをする必要があります。

次に考えておきたいのが、サイバーパトロール等に通報されるリスクです。未成年者が利用できるオープンなSNSは、サイバーパトロールからチェックされやすい環境だといえます。会員だけがコメントを閲覧できるなど、ある程度制限のあるコミュニティの方が安心です。

ママ活でナンパは非効率的な理由

ママ活募集をしている相手ならナンパが成功しやすいのでは、と考える人もいるかもしれません。しかしママ活でナンパをするのは、あまり効率が良くない方法だといえます。

なぜならママ活募集をしている人には、かなり多くのアピールコメントが届いてしまうためです。ナンパ目的の人だけでなく、利益目的の人も集まることになるため、単純に倍率が上がってしまう、という側面があります。

またツイッター等のSNSでママ活をする場合、相手が業者である可能性も排除できません。

業者はそもそも誘導目的でアカウントを作成していますから、どんなにやり取りを続けても、ママ活には至らないことになります。効率を考えるのなら、業者が少ない環境で相手を選び、ナンパをするのが一番だといえるでしょう。

マッチングアプリなら業者は排除されるから安全

業者に煩わされることなくママ活がしたい、ナンパがしたいという方におすすめなのがマッチングアプリです。マッチングアプリのメリットは、運営側によるパトロールや審査が行われており、業者などの不審なアカウントを排除している、という点にあるでしょう。

運営がしっかりしているマッチングアプリなら、業者に出会う確率はぐっと低くなります。また有料アプリの場合、そもそも利用にコストがかかるため、業者が積極的に入り込んでこない、というのも事実です。

マッチングアプリなら外部から閲覧することができないため、サイバーパトロール等に通報されるリスクもほとんどありません。安心して出会いのチャンスを探すなら、マッチングアプリを活用しましょう。