恋活するのにオススメなアプリの選び方

大学生がママ活で有利?不利?その理由を徹底解説します!

ママ活をする上で大学生は圧倒的に有利です。なぜなら、大学生という肩書だけでも、年上ママに好かれるからです。

大学生がママ活で有利な理由

というのも大学での生活は一生の中でたったの数年間です。そこには、恋や友情など青春の要素が詰まっています。大学生が年上ママに好かれるのは、年上ママにその当時の気持ちに浸りたいというノスタルジックな願望も影響しています。

それに大人になりきっていない未熟な部分を、可愛がられるから大学生の間にママ活をしたほうがいいです。また大学生はバイトはしていても、社会人のような収入があるわけではありません。

自分の面倒も見ることができない未熟さは、年上ママにとっては守ってあげたい対象にみられます。ですから、美味しいものを食べさせてあげたり、欲しいものを買ってあげたりいろいろとお世話をしたくなります。

大学生がママ活で不利になることはある?

大学生がママ活をする上で不利な理由は、楽して稼げてしまうという点もあります。社会人なら仕事で稼ぐためには、相手に喜ばれるためにどうすればいいのかということを考えて努力が必要です。

でも、そういった努力なしに稼げてしまうと、金銭感覚がおかしくなる人がいます。そうした変化によって支援をしてくれるママに対していい加減な態度をとったり、お金をあるだけ浪費するなど乱れた生活に陥ります。

将来的に、ママ活していたことで金銭感覚が狂ってしまい、借金地獄に陥るのが最悪のパターンでしょう。

それから、大学生は学業をすることが本分です。それなのにママ活に一生懸命になってしまうと、学業との両立ができなくなります。単位を落としたり、卒論が書けなかったりすれば卒業は認められず就職活動もできなくなります。最悪の場合には大学を中退するよりほかなく、別の生きる道を探さなければいけません。

大学生がママ活で稼ぐために必要なマインド

大学生がママ活で稼ぐためには、年上ママが何をすれば喜んでくれるのかをよく考えることです。デートで食事をおごってくれたり買い物をしてくれたり、どこかに遊びに連れていってくれるのは一方的なボランティアではありません。そうすることで、自分も楽しい時間を過ごしたいと思うからです。

ですからいくら大学生だからといって、話を真剣に聞こうとせず退屈な様子を見せてしまうと、相手のママは二度と会いたいとは思わなくなります。

常にデートをしているときには笑顔でいることを心がけ、ママの話をよく聞き盛り上げていくことを心がけてください。

ママには家庭のことや仕事のことなど、日常生活で抱えている悩みがたくさんありますから、それを聞いて癒やしてあげる姿勢も忘れてはいけません。

大学生のママ活のデート相場は?月極ってなに?

大学生がママ活を始めたとき、1回のデートでどれだけのお小遣いを貰えるのかというと1時間あたりの金額では3000円から5000円くらい、1日中付き合うときには1万5千円から2万円くらいです。

丸一日拘束されることを考えれば、1時間ごとに計算するほうが多く稼げます。ただ、長時間のデートではより高価なプレゼントがもらえたり、実際には数時間で終わることもありますから、単純にどちらが稼げるのかということは言えません。

またデートをするたびにお小遣いをもらうのではなく、月極といって毎月まとまったお小遣いをもらって、何回かデートをするというやり方もあります。交渉次第で金額が変わりますが、毎月10万円から20万円をもらう形になり、ママ活をするならば最終的なゴールといえます。

しかし、月極でママ活ができるまで、信頼関係を築くのは簡単ではありません。

マッチングアプリが大学生のママ活におすすめできる理由

大学生がママ活をしたいときには、相手を募集する方法としてSNSや掲示板を活用する方法もあります。しかしながら、そういった方法では実際に会うまで、本当はどんな相手かわかりません。

そのため美人局や暴力によってお金を脅し取られるといったトラブルに巻き込まれるリスクもあります。でもマッチングアプリなら運営が身分証明書を確認して、相手が何者かということがわかっていないと利用ができませんよね。

アプリならば怪しい人がママとして接触してくることを防げます。大学生ならば、まだ世間を知らないので、トラブルが起きた時に対処する方法がわからない年頃です。

稼ぎたいと思うならば、同意に自分の安全を確保することを考えなければいけません。そういう意味でマッチングアプリは最適の選択肢であると言えるでしょう。